特別展 脊椎動物のたどった道 生命大躍進 Leaps in Evolution -Traving the Path of Vertebrate Evolution

40億年の進化を語る 太古の生物がやってくる!! 2016年4.16(土)~ 6.19(日)大阪市立自然史博物館

こどもからおとなまで楽しめる!
世界の最重要化石の数々が
奇跡の大集結!

生命はおよそ40億年という膨大な年月をかけて進化や絶滅を積み重ね、現在の姿を獲得してきました。その過程において生命に飛躍的な進化をもたらした“いくつかの重要な出来事”がありました。
本展では、5億4100万年前(カンブリア紀)の“バージェス頁岩(けつがん)動物群”の実物化石や、4700万年前(始新世)の“奇跡”の霊長類化石「イーダ」など、国内外から集めた貴重な化石標本に加え、精巧な復元模型や4K映像などを活用し、その“出来事”を分かりやすくひもとき、DNAに刻まれた生命誕生から人類に至る脊椎動物の進化の道のりをたどります。
監修は国立科学博物館の動物・地学・人類各研究部の研究者が担当するほか、国内外の研究者も参加する、これまでにないスケールの生命進化の歴史に関する展覧会となっています。

特別展 生命大躍進スペシャル動画公開中!

ページのトップへ戻る

Copyright 2015 National Museum of Nature and Science,NHK,NHK Promotions Inc.

「ピカイア」「アノマロカリス」「ウミサソリ」ロイヤル・オンタリオ博物館蔵 Courtesy of the Royal Ontario Museum and Parks Canada.Photos: J.B.Caron © ROM、「ジュラマイア」北京自然史博物館蔵 A collection of the Beijing Museum of Natural History、「イーダ(学名:ダーウィニウス・マシラエ)」オスロ大学自然史博物館蔵 Photo: Per Aas, Natural History Museum, University of Oslo, Norway